フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 恐怖の東北道 | トップページ | 短編 »

2009年9月24日 (木)

岩手のメシもウマかった

シルバーウィークの最中、二泊三日の強行日程で岩手県の内陸地方を走り回った。もちろん『みちのく麺食い記者⑤〜岩手編〜』(小学館文庫、来春発売予定)の取材だ。


ストーリーに登場させる予定の名所を回ったほか、食い気第一の宮沢賢一郎記者が立ち寄るであろうウマいものが揃った数々のお店も探索。


まずは水沢駅前、バスのラーメン屋さんに。猛烈な渋滞を経て夜半にお邪魔した。
090924coco1

鶏ベースのあっさりスープに、オヤジさん手打ちの平麺がベストマッチ。贅沢をしてワンタンをのっけてもらっても550円。40年の歴史、街の皆さんに愛され続けている味。もう、本編での採用本決まりでしょ。


翌朝は、一関駅前の地元食堂に。名物のカツ丼をいただく。卵でとじていないソースカツ丼。会津や新潟のソースカツ丼とは違い、あっさり目のウスターソースと薄く伸ばしたカツの相性が抜群。このお味、朝からいけます。これも本編採用本決まりですな。

090924coco3


このほか、盛岡市内・映画館通りで猛烈にウマい蕎麦(歴代ベスト5に入る=麺食い記者の著者が言うのだから間違いない)をいただいたり、同市内のディープなソウルバーに連れていっていただいたりと、かなり充実した(ディープな)取材をやらせていただいた。


版元のS編集長、地元TVのN記者、お店の皆様方、本当にありがとうございました。近々、必ずや再訪させていただきます。

« 恐怖の東北道 | トップページ | 短編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩手のメシもウマかった:

« 恐怖の東北道 | トップページ | 短編 »