フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『震える牛』のオビ | トップページ | 重版御礼  »

2012年2月 6日 (月)

『震える牛』、著者が通い詰める店

えー、毎度でがんすー。


相変わらず最新刊のタイトルで恐縮です(検索対応なのだ)。
本日は、アイバが通い詰めるお店をチラ見せ(偉そうだな)。


120204coco2_2


これ、新宿区のど真ん中のお店。


爺ちゃん、婆ちゃん、息子さん、お嫁さん、お孫さんと三代で経営されているお店。
目利きの爺ちゃんと父ちゃんが毎朝築地に出かけて仕入れてくる魚はウマし!
お店特製の味噌漬けや糠漬けも絶品!
しかも、安い!!!


このお店に通うようになってから、たんとスーパーには行かなくなりまして。
拙著『震える牛』に溢れる地元愛は、著者の日々の生活から紡いでおります。m(_ _)m


« 『震える牛』のオビ | トップページ | 重版御礼  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『震える牛』、著者が通い詰める店:

« 『震える牛』のオビ | トップページ | 重版御礼  »