フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« にわかとりぱん状態 | トップページ | 怒濤の出張スタート »

2013年1月24日 (木)

アイバ最新作『血の轍』、いよいよ

えー、毎度でがんすー。

いよいよ明日より首都圏の大規模書店さんを中心にアイバ最新作『血の轍』(幻冬舎)がお店に搬入されます。

今までのアイバ作品とは一線を画す筆致、そしてキャラクター造形となっております。

装丁は片岡忠彦さん(http://nijisora.main.jp/k/index.html )。片岡さんには、『震える牛』(小学館)、『ナンバー』(双葉社)、『鋼の綻び』(徳間書店)に続き、4作連続で手がけていただきました。大人気装丁家に創っていただいたカバー、名誉なことこの上なしであります。

130121coco1

こちらは帯であります。かなり濃い目の内容であります。

130121coco2

全国の書店さんの店頭にて、なにとぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m


« にわかとりぱん状態 | トップページ | 怒濤の出張スタート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイバ最新作『血の轍』、いよいよ:

« にわかとりぱん状態 | トップページ | 怒濤の出張スタート »