« 銀塩4号機は3 | トップページ | 『トップリーグ』最新話 »

2017年6月 5日 (月)

久々に握り

久々に、お気に入りのお鮨屋さんの予約が取れました。

若き職人さんが女将さんと切り盛りする小さなお店。このところ、本当に席が空いておらず、ようやく訪れることができました。

これ以上混むといやなので、お店の情報は出しません。もしご興味あれば、拙著『血の轍』(幻冬舎文庫)を。

こちらにヒントがございます。

一通りおつまみをいただいたあと、握りへシフト。

9bc4072930ff4adfabe62a0c64f28c42
1bdc3206f36e438cb9be4b1ce6568d89
フランスの著名格付けで絶賛されているあの名店同様、こちらの握りも「沈む」逸品。

シャリの中の空気、ネタの重みのバランスが絶妙なのです。シトロエンのハイドロのようにシュッと沈みます(伝わりにくい)。

親方、女将さん、ごちそうさまでした。

Fujifilm X70


Pict0017

LeicaMinilux

« 銀塩4号機は3 | トップページ | 『トップリーグ』最新話 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525993/65313805

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に握り:

« 銀塩4号機は3 | トップページ | 『トップリーグ』最新話 »